スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Yilbegan
「3段階目」の討伐に成功すると、ジェイドが黒色のジェイドの変化する場合がある。
これを所持していればアビセアンが出現するエリアならどこでも戦うことが可能。

image(10_0404_223004).jpg

 

戦術として背後に立って戦うので正面撮影出来なかったっていう。
今度やる時は撮影出来るといいな…。

 
Yilbeganは「ステップ4」とか「4段階目」とか呼ばれる「アビセアン」の最終段階。
なので強い、らしい。

実際戦ってみると、巷で主流となっている背後に立って戦うとそこまで強くなかった。
というのも、背後に立つとTP技が2種類に絞られるのでかなり楽に。
正面に立つと使用してくる技には凶悪なものが多く、
「ソウルダウス」というブレス判定の「死の宣告」
「カオスブラスト」という高ダメージ且つHPmaxダウン+MPmaxダウン+TPmaxダウンの技を使用してくる。

また魔法も使用してくる上、正面に立つと「メテオ」を使用してくる。
image(10_0404_225147).jpg

 
コエー

 
なので背後に立って「ダンシングテール」に絞る作戦。
image(10_0404_225146).jpg


結構高ダメージだが耐えれないことは無い。
毒の追加があるのでポイゾナをこまめに飛ばすこと。

また、たまに「ダークスター」という技を使ってくる。
結構広範囲なのに加え、防御力ダウンと魔法防御力ダウンが付いているので盾役にはイレースを。

 
背後に立っているときにはパライガやサイレガという弱体範囲魔法と、
ストンガIIIからサンダガIIIまで各属性の範囲魔法を使用してくる。
魔法攻撃力が低いのかそこまで大したダメージでは無いのでボーナスタイム。

 
そしてYilbeganにはどうやら常時ダメージカットがある模様。
でも一定のタイミング(技の構え中とか)にはダメージが通りやすくなるらしい。
その間に瞬間ダメージを出せるジョブがいれば削りが早いかも。

 

結局、1時間ほど戦って残り2割くらいまで削ったものの
離れすぎた人がいたために「ノートリアスモンスターは消え去った…。」とのログが。
どうやらヘイトが少しでもある人が見えないくらいまで離れると消えてしまうようだ。
技や魔法の範囲外に逃げるときには注意。

 

というか「ダンシングテール」は構えが出てから少し離れればノーダメージで回避出来る。

しかしそれに気づいたのは終盤で時既に時間切れ。
後衛陣のケアルヘイトがマックスパワー。
最初から避けていればもっと楽だったっていうね。

地味にヘイトリセットもあるようなので、青/シがいるといいらしい。
ナイトはテラスタッフ持つほうが安全。
防御面を強化しておくと良いらしい。

 
感じは掴めたから次は勝てるはず(`・ω・´)

 

 

 

 

 

image(10_0404_230856).jpg

 
斬鉄剣(笑)

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

【2010/04/04 23:56】 | NM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Lord Ruthven | ホーム | Orcus>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mazor.blog34.fc2.com/tb.php/760-7f239f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。